トップイメージ

【全損】とは名称の通り全てが壊れてしまった状態、すなわち走行が出来ないような車としての役割を果たせなくなった時に使いますが、保険における【全損】は少なからずちがった内容があったりします。80-5-131

保険においては乗用車が損傷を受けた時に《全損と分損》のように2つの状況に振り分けられ、【分損】は修理の費用が保険内でおさまる状況を表しそれとは逆に【全損】とは修理のお金が補償金を上回ってしまう場合を言います。80-16-131

普通、修理で(全損)という場合車の心臓、エンジンに致命的な損傷が存在したり、自動車のフレームが歪んでしまって直すのが難しい場合、再利用か廃車となるのが当たり前です。80-17-131

しかし、自動車の事故の後に修理業者や保険会社が修復の費用を推定した時にいくら表面が問題なく修繕が可能な時でも修理費が補償よりも大きければ何を目的として乗用車の保険加入しているのか分からなくなってしまいます。80-19-131

こういったときには【全損】と判定して乗用車の所有権を自動車保険の会社へ引き渡して保険金額を負担してもらう仕組みなっています。80-10-131

当然かなりの時間乗り続けた愛車でこだわりがあり自分でお金を出して修理して使いたいと希望する人はいくらでもいらっしゃいますから事態にて車の保険の会社と意見交換するといいのかもしれません。80-20-131

そして、 自動車の保険の種類に応じてこのような事態が想定され特約等の全損時のための特約が設けられている場合がいっぱりあり万が一自動車が(全損)なった際でも新しく車を買うの諸経費を一部分でも負担してくれるサービスもあったりします。罪業妄想

尚盗まれた時の保険金の特約をつけてると盗まれた物が見つからないケースでも《全損》とされ補償金が払われることになっています。80-4-131

80-6-13180-18-131

サイトMENU

Copyright © 1998 www.suitafes.com All Rights Reserved.