トップイメージ
肌が荒れてしまった時に化粧をする人と、化粧をしない人がいます。 私は肌荒れを隠そうとしてベッタリとファンデーションを塗って隠したくなります。 まったく化粧をしないというのも逆効果のようです。 荒れた肌からは水分がどんどん蒸発していって、ますます荒れてしまいます。 やはり保湿はしっかりとした方がいいようです(^^;) しかし肌にしみるものはつけないようにしないといけません。 しみるというのは肌が拒絶している証拠だといいます。 化粧水と乳液、クリームでいうと化粧水が一番しみてしまいます。 水っぽい物の方がしみやすく、油分の多い物の方が肌当たりが柔らかいものです。 肌荒れを起こしている時は、化粧水は使わず乳液やクリームで保湿することが大切なようです。 肌が荒れていると気分的にも落ち込んでしまいます(><) 精神的なストレスからも治りが悪くなるとも言われているので、しみない化粧品でカバーしながら あせらず気長に治すことが大切なようです。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.suitafes.com All Rights Reserved.